BASEFOOD's BLOG

新しい主食 BASE FOOD で、健康をあたりまえに。

BASE PASTA のおいしい食べ方

f:id:BASEFOOD:20170217095049j:plain

ベースパスタは、食べ方次第で、よりおいしくなりますので、
オススメの食べ方をご紹介します!

まず、"The Tabelog Award Bornze 受賞店"
ペペロッソ 総料理長 今井さまのコメントをご紹介します。

小麦粉にはない複雑な香りが、
いつものパスタより一段階リッチな気分にさせてくれる一品だと思いました。
また、料理人目線ではありますがあらゆるソースにも工夫次第で適合し、
料理を造る造り手をも楽しませてくれる素敵なパスタだと思います。

 

◆茹で方

どのレシピでも、この茹で方で、麺がおいしくなります。

100℃の沸騰したお湯で、麺が踊るように、2分間塩茹でする。
よく湯切りをしてから、パスタソースと合わせる。
・最後に味を見て、お好みで塩を加える。

 

◆レトルトのパスタソース

料理したものには負けますが、十分おいしいです。
スーパーにも置いているので、お試しください。
(お好み次第ですが、味がやや濃いので、塩茹では無しで大丈夫です。)
 
 

◆ベーシックなレシピ

ベースパスタ・アマトリチャーナ

f:id:BASEFOOD:20170216183650j:plain

ベーコンの塩気・トマトの酸味・玉ねぎの甘味 の調和したソースが、
ベースパスタのリッチな風味に良く合います。

<材料>~1人前~
・にんにく(みじん切り):1片
・赤とうがらし(種を除く):半分
・ブロックベーコン(5mmの厚さと幅に切る):40g
・玉ねぎ(薄切り):30g(小さいもので1/4個)
・カットトマト缶:80g
・白ワイン:大さじ1
・塩:一つまみ
・砂糖:少々
・ゆで汁:大さじ1
・パルメザンチーズ:適量

<作り方>
1.フライパンにベーコンを加え、色がつくまで弱火でじっくりと炒める。焼き色がついたら、にんにく・赤とうがらし・玉ねぎを入れ、ベーコンから出た脂となじませつつ、弱火のまま炒める。
2.1の玉ねぎがしんなりとしたら、カットトマトと白ワインを入れ、とろみがつくまで煮込む。
3.2にゆで上げたパスタとゆで汁大さじ1を入れて、混ぜ合わせる。味をみながら、塩と砂糖で味を調える。器に盛り付け、お好みでパルメザンチーズを振る。

 

◆フードコーディネーター・星さん考案のレシピ 
f:id:BASEFOOD:20170601122751j:plain
1、キーマカレーのパスタ
2、ミートボールのクリームソースパスタ
3、5分で作れる納豆なめたけパスタ
4、かに缶で本格カニトマトパスタ
5、サラダチキンとアボカドのパスタ
6、和風TKP(たまごソースのBASEパスタ)
7、アサリとトマトのスープパスタ
 
こちらの記事中でご覧いただけます!
 
 
◆簡単ガッツリレシピ『男のベースパスタ』シリーズ

f:id:BASEFOOD:20170601124001j:plain

1、ベースパスタ焼きカレー
2、焼きナポリタン
3、ツナ卵とじうどん風ペースパスタ
4、油そば風ベースパスタ
 
こちらの記事中でご覧いただけます!
 
◆完全無欠のカルボナーラの作り方

f:id:BASEFOOD:20170601130708j:plain

こちらの記事中でご覧いただけます!
 
◆料理人のレシピ 『タリオリーニ カッチョ・エ・ペペ』

f:id:BASEFOOD:20170226081726j:plain

The Tabelog Award 2017 Bronze 授賞の
イタリアンの名店Peperosso(ペペロッソ)にて、
BASE PASTA を使用したメニューが提供されています。
 
シェフのご厚意で、レシピをご公表いただきました。
最も BASE PASTA に合う食べ方ですので、ぜひお試しください。

SNS

f:id:BASEFOOD:20170216184621p:plain

Instagramに、
お客さまのおいしそうな写真が上がっておりますでの、
ご覧ください!

#BASEFOOD で投稿頂ければ、
シェアしますので、ぜひお願いします。

また、Facebookでも、
ベースフードの新しい取り組みなど、
耳よりな情報をお届けしますので、ぜひフォローください。