読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BASEFOOD's BLOG

新しい主食 BASE FOOD で、健康をあたりまえに。

イタリア郷土料理店ペペロッソの提供メニューのレシピ

The Tabelog Award 2017 Bronze 授賞のイタリアンの名店Peperosso(ペペロッソ)にて、BASE PASTA を使用したメニューが提供されています。

この度は、シェフのご厚意で、レシピを公表させて頂きます。

最も BASE PASTA に合う食べ方ですので、ぜひお試しください。

なお、ペコリーノチーズは、チーズ専門店や高級スーパーか、Amazon(2点目から送料無料)で、お買い求めください。

※より手軽な食べ方はこちら(BASE PASTA のおいしい食べ方

TAGLIOLINI CACIO E PEPE(タリオリーニ カッチョ・エ・ペペ)

  • BASE PASTA ×一袋
  • オリーブオイル×20g
  • ニンニク×1片
  • ペコリーノチーズ×14g
  • バター12g
  • コショウ×適量

f:id:BASEFOOD:20170226081726j:plain

パスタの茹で時間は2分です。

パスタ一袋でしたら、2リットルの水に対して20gの塩で湯がいてください。

必ず100度で沸いているところで湯がいてください。

山地ですと、気圧の関係で沸点が下がり、沸騰はしているけど87〜94度等見た目に反して温度が低い事があります。

今回のパスタは、100度で湯がいた時の茹で時間の目安となります。

f:id:BASEFOOD:20170226081354j:plain

f:id:BASEFOOD:20170226081331j:plain潰したニンニク一片を弱火にかけて、ニンニクの香りとコクをじっくり引き出しながらきつね色になるくらいまで加熱してください。

弱火でじっくりがポイントです。

オリーブオイルは高温で加熱すると良さの大半を失ってしまいます。             

f:id:BASEFOOD:20170226081343j:plain

加熱が終わったら、ニンニクの加熱止めの為に70ccの水を入れて火を止めます。

f:id:BASEFOOD:20170226081347j:plain

火を弱火でつけて茹で上がったパスタを投入いたします。

f:id:BASEFOOD:20170226081339j:plain

分量のバターをいれて溶かします。

f:id:BASEFOOD:20170226081350j:plain

火を止めて、のペコリーノチーズを入れて溶かします。

f:id:BASEFOOD:20170226081357j:plain

ペコリーノチーズが混ざったら盛り付けて、分量外のペコリーノチーズをお好み量かけ、コショウをお好み量ふりかけたら完成です。

パスタ自体の四角いエッジの効いた茹で上がりの食感を維持したいので手早く仕上げる事がポイントです。

----------
ブログの更新等、お得な情報をお届けしますので、
SNSで是非フォローください。
HP
Facebook
Instagram
Twitter
----------

BASE PASTA のおいしい食べ方

f:id:BASEFOOD:20170217095049j:plain

ベースパスタは、食べ方次第で、よりおいしくなりますので、
オススメの食べ方をご紹介します!

まず、"The Tabelog Award Bornze 受賞店"
ペペロッソ 総料理長 今井さまのコメントをご紹介します。

小麦粉にはない複雑な香りが、
いつものパスタより一段階リッチな気分にさせてくれる一品だと思いました。
また、料理人目線ではありますがあらゆるソースにも工夫次第で適合し、
料理を造る造り手をも楽しませてくれる素敵なパスタだと思います。

 

◆茹で方

どのレシピでも、この茹で方で、麺がおいしくなります。

100℃の沸騰したお湯で、麺が踊るように、2分間茹でる。
よく湯切りをしてから、パスタソースと合わせる。
・最後に味を見て、お好みで塩を加える。

 

◆レトルトのパスタソース

料理したものには負けますが、十分おいしいです。
スーパーにも置いているので、お試しください。
青の洞窟 アラビアータ (塩を少し加えるとより美味しいです)
青の洞窟 カルボナーラ (塩を少し加えるとより美味しいです)
青の洞窟 ジェノベーゼ (塩は無しで大丈夫です)
 

◆フードコーディネーター・星さん考案のレシピ

1、キーマカレーのパスタ
2、ミートボールのクリームソースパスタ
3、5分で作れる納豆なめたけパスタ
4、かに缶で本格カニトマトパスタ
5、サラダチキンとアボカドのパスタ
6、和風TKP(たまごソースのBASEパスタ)
7、アサリとトマトのスープパスタ
 
こちらの記事中でご覧いただけます!
 

◆ベーシックなレシピ

ベースパスタ・アマトリチャーナ

f:id:BASEFOOD:20170216183650j:plain

ベーコンの塩気・トマトの酸味・玉ねぎの甘味 の調和したソースが、
ベースパスタのリッチな風味に良く合います。

<材料>~1人前~
・にんにく(みじん切り):1片
・赤とうがらし(種を除く):半分
・ブロックベーコン(5mmの厚さと幅に切る):40g
・玉ねぎ(薄切り):30g(小さいもので1/4個)
・カットトマト缶:80g
・白ワイン:大さじ1
・塩:一つまみ
・砂糖:少々
・ゆで汁:大さじ1
パルメザンチーズ:適量

<作り方>
1.フライパンにベーコンを加え、色がつくまで弱火でじっくりと炒める。焼き色がついたら、にんにく・赤とうがらし・玉ねぎを入れ、ベーコンから出た脂となじませつつ、弱火のまま炒める。
2.1の玉ねぎがしんなりとしたら、カットトマトと白ワインを入れ、とろみがつくまで煮込む。
3.2にゆで上げたパスタとゆで汁大さじ1を入れて、混ぜ合わせる。味をみながら、塩と砂糖で味を調える。器に盛り付け、お好みでパルメザンチーズを振る。

 
◆料理人のレシピ

f:id:BASEFOOD:20170226081726j:plain

The Tabelog Award 2017 Bronze 授賞の
イタリアンの名店Peperosso(ペペロッソ)にて、
BASE PASTA を使用したメニューが提供されています。
 
シェフのご厚意で、レシピをご公表いただきました。
最も BASE PASTA に合う食べ方ですので、ぜひお試しください。

SNS

f:id:BASEFOOD:20170216184621p:plain

Instagramに、
お客さまのおいしそうな写真が上がっておりますでの、
ご覧ください!

#BASEFOOD で投稿頂ければ、
シェアしますので、ぜひお願いします。

また、Facebookでも、
ベースフードの新しい取り組みなど、
耳よりな情報をお届けしますので、ぜひフォローください。

 

味へのこだわり

f:id:atsuyatakahashi:20170206095552j:plain

ベースフードの高橋です。
久々にブログを更新します。
今後は週1回程度更新していきますのでよろしくお願いいたします。

今までの人生で、食について疑問と不満に思うことがありました。
白米、パスタ、ラーメン、スイーツなどの糖質や、高カロリーな焼肉など、
太りやすく過剰摂取が病気に繋がりやすいものをなぜ人間はおいしいと感じ、
沢山食べたいと思ってしまうのか。

健康維持のため食べたくないものを食べたり、
本当に食べたいものを我慢するのは納得がいかないと感じていました。

生物が進化するには数千年以上かかります。
生きるか死ぬか、糖質や脂肪がなにより貴重だった原始人時代から
人間の味覚は殆ど変わっていないのです。

ここ数百年の急速な文明発達が生物としての進化のスピードを圧倒的に追い抜き、
身体の欲求と本当に必要とする栄養成分とのミスマッチが生まれています。
文明が進化し生活は豊かになったがゆえに、
“美味しいものを食べる“ことが不健康に繋がっているのは皮肉ではないでしょうか

ソイレントはじめ完全栄養食品はシリコンバレー中心に流行していますが、
”美味しいものを食べたい” という食事の目的を置き換えることはできません。

味に一切妥協することなく、
今までの食文化を変えず、
過剰摂取をなくし、
必要な栄養素をすべて摂取することを

「主食をイノベーションする」
というベースフードのビジョンで実現できればと考えています。

そのためには「美味しい」ということが何より重要です。
イマイチのものであれば、今まで我慢して食べてきた
多くの健康食品と変わらないものになってしまいます。

ベースフードは一切味にも妥協せず、
一流のイタリア料理屋のシェフと事業を進めています。

完全栄養パスタ“BASE PASTA”※ は2月下旬から販売開始する予定です。
少しでも共感して頂ければ、是非一度お試しいただければ幸いです!

-----
発売時やブログを更新した際にお知らせしますので、
HPからのLINE友達登録
Twitterのフォロー
 
をお願いいたします!!
-----
 
※本製品に関しては厚生労働省が定めた「日本人の食事摂取基準(2015年度版)」に基づき、
1食に必要な31種の栄養素を含んでおります。
(過剰摂取の懸念される炭水化物・ナトリウムを除く)
 

主食をイノベーションする

f:id:BASEFOOD:20161119192148j:plain

完全栄養パスタ"BASE PASTA"(ウニクリームソース)

 

なぜパスタは小麦粉のみで出来ているのでしょうか?

食べ物が不足して、寿命が短かった頃、
人間はエネルギーさえ取れば十分でした。

現代は、エネルギーはむしろ取り過ぎで、
肥満による生活習慣病の主要因になりました。

また、栄養学も進歩して、
タンパク質・必須脂肪酸・ビタミン・ミネラルも必要であることが分かりました。

でも、パスタは2,400年前と変わらず、
ほぼエネルギーしかない小麦粉のみで出来ています。

ベースフードは、
主食をイノベーションして、
健康を当たり前にします。

栄養学に基づき、栄養豊富な食材を練り込み、
パスタを完全栄養にしました。

人間は2,400年前と変わっていないので、
エネルギーの多い食品を
おいしいと感じ、食べたいと思います。

サプリメントや健康食品は、
本能に逆らって食べています。

おいしいと感じるもの、
食べたいと思うものを、
完全栄養にしないと、
多くの人を健康にすることは出来ません。

ベースフードは、おいしく食べたいと思う主食を完全栄養にして、健康を当たり前にします。

新しい主食 ベースフード

栄養学のベーシックな知識に基づいた
エネルギー以外の
必要な栄養素も全て入った
現代でもベースとなれる主食
ベースフードを作り、広めていきます。

ご支援のほど、よろしくお願いいたします!

-----

世界初の完全栄養生パスタのクラウドファンディング(先行販売)を実施中です。
ご支援のほど、よろしくお願いします。

1食に必要な31種の栄養素※を全て含んだ完全栄養食品"BASE PASTA" | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

-----

ブログを更新した際にお知らせしますので、
もし良ければ、
Facebookページへのいいね!をお願いします。

https://www.facebook.com/BASEFOOD.TOKYO

----- 

※「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に基づく

 

完全栄養食品って何!?

f:id:BASEFOOD:20161106094135p:plain

完全栄養生パスタ(ペペロンチーノ) 

 

完全栄養食品とは、
必要な栄養素が全て入った
オールインワンな食品です。

完全栄養食品は、
サプリメントや栄養バランス食品とは、
似ているようで、違うものです。

サプリメント(supplement)は、
その語源の通り、補うものという意味で、
ビタミンC 等の一部の栄養素が入ったものです。

栄養バランス食品は、
必要な栄養素が目安として5~7割、
入っているものです。

結局のところ、
必要な栄養素が何かを全て分かっている人でなければ、
そもそもどのサプリメントを食べればいいか分からないですし、
栄養バランス食品を食べ続けても、
いくつかの栄養素は不足します。

例えば、はじめてバーベキューをする時、
バーベキューに必要な道具が全て揃った
レンタルサービスは便利ですよね。
「木炭はいかかですか?炭バサミはいかがですか?」
と一つ一つ薦められたら困りますよね・・・。
バーベキューを始めたら、
「着火剤がない・・・。軍手もない・・・。」
みたいになってしまいます。

完全栄養食品は、
必要な栄養素が全て入っているので、
必要な栄養素を全て覚える必要や、
みそ汁と青汁の栄養価を足して計算する必要もありません。

つまり、完全栄養食品は、
実際には不可能なレベルの勉強や手間を省いて、
健康になるための食品です。

「仕事が忙しい」「とにかく美味しいものが食べたい」など、
栄養の計算より大事なことがある
人のための食品です。

完全栄養食品は、
今までの健康食品が健康にできなかった人達を
健康にできる可能性があります。

今までの健康食品を食べている人達は、
健康に対する意識が既に高く、
もう健康だと思います。

本当に健康になるべきなのは、
健康に対して意識が薄かったり、
そのために時間をかけられない人達です。

完全栄養食品は、その人達でも、
難しいことを考えることなく、健康になれます。

ただ、完全栄養食品は、
たった1つの食品だけをひたすら食べ続ける
というつまらない未来を招く危険性がある、
と言われています。

豊かな食文化を残しつつ、
完全栄養食品を普及させるには、
工夫が必要と思っており、
このことについては、
後のブログで書きたいと思います。

-----

世界初の完全栄養生パスタのクラウドファンディング(先行販売)を実施中です。
ご支援のほど、よろしくお願いします。

1食に必要な31種の栄養素※を全て含んだ完全栄養食品"BASE PASTA" | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

-----

ブログを更新した際にお知らせしますので、
もし良ければ、
Facebookページへのいいね!をお願いします。

https://www.facebook.com/BASEFOOD.TOKYO

----- 

※「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に基づく